講演について
スライド一覧
  1. 6. 惑星気候学
  2. 表層環境を決めること
  3. 従来の理解の問題点 全球平均量で考えている
  4. 氷期間氷期変動
  5. 軌道要素の変動 : ミランコ
  6. 6.1 表面の不均一
  7. 局所的に水が存在する系
  8. 海惑星と陸惑星(1)
  9. 陸惑星とは
  10. 陸惑星モデル
  11. 暴走温室効果(1)
  12. 暴走温室効果(2)
  13. 水の量が多いと ?
  14. 水が多い惑星の暴走温室効果(1)
  15. 水が多い惑星の暴走温室効果(2)
  16. 一次元モデルの罠
  17. 水が少ない惑星の場合(1)
  18. 水が少ない惑星の場合(2)
  19. 地面水量と相対放射
  20. 地面水量と正味太陽放射
  21. 可降水量と正味太陽放射
  22. 積雪量と正味太陽放射
  23. 平均地表温度と正味太陽放射
  24. 地表温度分布と相対放射
  25. 成層圏の水蒸気量の問題
  26. 水の持続時間
  27. 完全凍結限界
  28. まとめ
  29. "Dune" 砂の惑星
  30. 陸惑星 vs 海惑星
  31. 6.1 自転軸傾斜
  32. 自転軸傾斜と日射量
  33. 自転軸傾斜の大きな変動
  34. 月の効果
  35. 4 つの気候モード
  36. 年平均降水量分布(1)
  37. 年平均降水量分布(2)
  38. 直立モード (23.5 度の場合)
  39. 温暖環境での降水の季節変化
  40. 傾斜モード (60 度の場合)
  41. 直立モードと傾斜モード : ハドレーセルの幅との関係
  42. 温暖直立モード
  43. 温暖傾斜モード
  44. 自転周期をかえるとモードがかわる : 傾斜 45 度の場合(1)
  45. 自転周期をかえるとモードがかわる : 傾斜 45 度の場合(2)
  46. 4 つのモードのまとめ
  47. 自転軸傾斜と凍結限界
  48. 凍結における自転軸傾斜の影響
  49. 凍結条件はモード依存 !
  50. 6.2 離心率
  51. 異形の惑星 *
  52. 背景
  53. 軌道離心率の日射量への効果
  54. 日射変化に対する惑星気候の応答
  55. 本研究の目的
  56. 4 つの状態
  57. 永久全球凍結モード
  58. 一時全球凍結モード
  59. 非全球凍結モード
  60. 年平均暴走温室モード
  61. 生命存在可能条件の定量化
  62. 生命存在可能軌道 (陸惑星・無凍結状態)
  63. 生命存在可能軌道 (陸惑星・全球凍結状態)
  64. 生命存在可能軌道 (海惑星・無凍結状態)
  65. 生命存在可能軌道 (海惑星・全球凍結状態)
  66. 生命存在可能軌道 (陸惑星・無凍結状態)(2)
  67. 暴走温室状態と水潜熱による蓄熱保温効果
  68. まとめ
  69. 6.4 内部の活動 : 多重性と関連して
  70. プレート運動による地球環境の安定化
  71. 二酸化炭素固定の問題
  72. 気候の多重性
  73. 多重性
  74. 多重性(2)
  75. まとめ
講演を聞くには
講演を聞くためには RealPlayer が必要です. RealNetworks 社からダウンロードできます(無料版有り)